活動報告Report

2015.02.13
安保法制 与党協議再開
  • [画像]記事画像

 自民、公明両党は13日、衆院第2議員会館で「安全保障法整備に関する与党協議会」(座長・高村正彦自民党副総裁)の会合を再開し、安保法制の整備に関する昨年7月の閣議決定を具体化するための関連法案の策定に向けて議論が開始され、私は、外交安全保障調査会長として出席。
わが党は、昨年の閣議決定に向けて与党内で緻密な議論がなされたことを踏まえ、「閣議決定の時以上に要件、手続きなどについて明確な形で議論し、法制化を進めなければならない」との立場です。
法制化への論点として、①武力攻撃に至らないグレーゾーン事態への対処②後方支援と国際平和協力③憲法9条の下で許容される自衛の措置――があるとし、「これらは全て密接に関連しており、個別の項目ごとに合意するのではなく、全体のパッケージとして合意を目指す形で進めたい」と提案し、協議会で了承されました。
なお、12日、党内にも「安全保障法制に関する検討委員会」が設置され、私は副委員長に就任。与党協議と並行して党内議論が活発化されます。

2月13日

佐藤しげきムービー|YouTube

メールマガジンの購読はこちら

友樹会のご案内はこちら

佐藤の、実行力。ひとりの声を、カタチにする政治

大阪3区
大正区
住之江区
住吉区
西成区
大阪3区地図

ページトップへ戻る