活動報告Report

2013.04.24
トラック問題 党議員懇話会
  • [画像]記事画像

 公明党のトラック問題議員懇話会(佐藤茂樹副会長)は24日、衆院第2議員会館で設立総会を開き、全日本トラック協会の星野良三会長、道路運送経営研究会の坂本克己会長らから要望。
星野会長らは、最近の円安傾向の影響により「軽油価格は原油価格以上に高騰を続けており、このままならトラック業界の燃料負担は年間2500億円も増大する」と強調。
その上で、軽油価格の高騰に関して

①燃料高騰対策補助金などの創設
②燃料サーチャージ(価格変動調整金)の導入促進策
③軽油の価格監視の徹底

などを要請。
さらに、ドライバーの負担軽減や一般道における交通事故減少などを進めるため、高速道路の利用に関して、終日基本料金の半額化なども要望。
今後日本経済の再生に向けて、物流産業は極めて重要であり、要請を踏まえ与党としてしっかり責任を果たして参ります。

4月24日

 

佐藤しげきムービー|YouTube

メールマガジンの購読はこちら

友樹会のご案内はこちら

佐藤の、実行力。ひとりの声を、カタチにする政治

大阪3区
大正区
住之江区
住吉区
西成区
大阪3区地図

ページトップへ戻る