活動報告Report

2010.11.10
「カード現金化」対策を ◇ トラブル急増で協議 ◇ ---党合同会議
  • [画像]記事画像

 党財政・金融部会、経済産業部会、金融問題調査委員会は10日、衆院第1議員会館で合同会議を開き、クレジットカードのショッピング枠を使い現金を融資する「カード現金化」の問題について関係省庁と意見交換。
借入総額を年収の3分の1に制限する改正貸金業法が今年6月に施行され、消費者が安易な融資を受けられなくなったこともあり、カード現金化の利用者が伸びていると見られています。消費者庁は、現金化によるトラブルの相談件数は2006年度以降、増加傾向にあり、先月20日までの相談が前年度の同時期と比較して約3倍になっていると説明。
公明党として、現金化には事実上規制がなく、インターネット上で業者の広告もはんらんしている現状を考えると、対策の強化と多重債務者向けの相談窓口の周知徹底が必要だと思います。

佐藤しげきムービー|YouTube

メールマガジンの購読はこちら

友樹会のご案内はこちら

佐藤の、実行力。ひとりの声を、カタチにする政治

大阪3区
大正区
住之江区
住吉区
西成区
大阪3区地図

ページトップへ戻る