活動報告Report

2010.03.11
地元の理解が大前提 ◇普天間移設問題で強調◇---衆院安全保障委員会で質問
  • [画像]記事画像

 11日の衆院安全保障委員会の理事である私は、沖縄の米軍普天間飛行場の移設先を決める上で、地元の理解を得ることに最優先して取り組むよう訴えました。
この中で私は、同県名護市議会が米軍キャンプ・シュワブ陸上部移設案反対の抗議決議などを全会一致で可決したことを踏まえ、「沖縄の地元の反対を押し切って移設先を決めたとしても、移設の実現は困難」と強調。
その上で、「米国と交渉を始める前に地元の理解と合意を得ることが大前提だ」と述べ、政府の見解を求めました。
北沢俊美防衛相は「地元の理解は極めて重要」との認識を示し、米政府側からも「地元との協議がまず大事ではとのメッセージを側聞している」と答弁。

佐藤しげきムービー|YouTube

メールマガジンの購読はこちら

友樹会のご案内はこちら

佐藤の、実行力。ひとりの声を、カタチにする政治

大阪3区
大正区
住之江区
住吉区
西成区
大阪3区地図

ページトップへ戻る