活動報告Report

2009.11.26
「普天間」早急に解決を◇防衛相 「合意基盤に第3の道」◇――安全保障委員会で質問
  • [画像]記事画像

与党による強行採決で遅れていた審議が、26日の衆院安全保障委員会が再会。
私は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設時期・場所について、「先送りせず早急に解決すべきだ」と岡田外相、北澤防衛相に見解を質しました。
両大臣の発言のぶれによって、沖縄県民の不安が増している現状を踏まえ、「混迷の原因は明確な判断を下さない鳩山首相にある」として、首相中心に関係閣僚で対応を協議し、方針を明確にするよう要求。
北澤防衛相は移設先について、「(日米の)合意案を基盤にして第3の道を、と言っている」と答弁。米軍訓練の一部県外移転など沖縄の負担を軽減することを前提に、代替施設を同県名護市のキャンプ・シュワブ沿岸部に建設するとした日米合意の実現をめざす考えを示しました。
わが党が推進してきた国際貢献のための訓練する「国際平和協力センター」の整備につき、「事業仕分け」で廃止となったことに対し、北澤防衛相は極めて消極的な答弁に終始。
民主党は、ネクストキャビネットでPKO訓練センターの設立を提言していることと矛盾しています。

佐藤しげきムービー|YouTube

メールマガジンの購読はこちら

友樹会のご案内はこちら

佐藤の、実行力。ひとりの声を、カタチにする政治

大阪3区
大正区
住之江区
住吉区
西成区
大阪3区地図

ページトップへ戻る