ブログBlog

未分類

2014.08.01
福祉や労働行政の現場を視察
  • [画像]記事画像

7月31日から8月1日にかけて、福岡県と長崎県にある厚生労働行政に関する施設を視察しました。
まず、生活に困窮する方々を支援するNPO法人抱樸「抱樸館北九州」では、
一人暮らしが困難な方などに対する居室の提供や自立の意思がありながらホームレスになることを余儀なくされている方などに対する就労による自立を支援する現場を直接見させていただくとともに、運営する職員の皆さんと今後の課題などについて有意義な意見交換ができました。
また、産業医学の振興や資質の高い産業医の養成を行っている産業医科大学校は、「産業医学」という世界的にも他の学校では教えていない教育を6年間系統的に行っていること、卒業生の医師国家試験も常にトップクラスを誇っていることなど5つの特色について説明を受けるとともに、総合周産期母子医療センターなどの医療現場や放射線による内部被ばく量を測定する機器などを見学。
長崎県諫早市の、長崎職業能力開発促進センター(ポリテクセンター長崎)では、大都市圏にある同センターに比べて、訓練生の企業への就職率が高く
施設内で行われている住宅リフォームなどの訓練コースの現場や就職により同センターを卒業した元訓練生と就職先の事業主の方々と意見交換会もできました。
今回の視察では、福祉行政、労働基準行政、職業能力開発行政の現場の実態や今後の課題について把握することができ、今後の各種施策に生かしていこうと考えます。
8月1日

佐藤しげきムービー|YouTube

メールマガジンの購読はこちら

友樹会のご案内はこちら

佐藤の、実行力。ひとりの声を、カタチにする政治

大阪3区
大正区
住之江区
住吉区
西成区
大阪3区地図

ページトップへ戻る