ブログBlog

未分類

2013.07.02
当面する重要政治課題
  • [画像]記事画像

公明党の考え ~領土問題について~

―――近隣諸国との領土問題に関する基本的な考えについて

佐藤
  公明党は領土問題と主権をめぐっては毅然とした対応を貫くべきと考えます。
具体的な対応策として、日本の立場が正当であることを主張するため、国際社会の世論を形成する効果的な情報発信の強化が必要です。各国での講演会開催、オピニオンリーダーへの働き掛け、広報誌や映像資料の制作、メディアやIT(情報技術)の活用などにしっかり取り組んでいきます。
しかし、不安定要因を抱える北東アジア地域の安定と平和に果たすべき日本の役割が、これまで以上に重要となっており、領土問題に対して感情的になり、各国との関係に悪影響を及ぼすことは避けねばなりません。冷静な対話を通じた戦略的外交を進め、平和的な解決をめざします。

―――尖閣諸島をめぐる対応について

佐藤
  尖閣諸島は、日本が今日まで有効に支配を続けています。日中間に領土問題は存在しません。従って、領海・領空侵犯をさせないよう、同海域保全のための海上保安庁の人員増や、装備の強化・充実などを進め、尖閣諸島に対する有効な支配を強化します。

―――竹島の実効支配について

佐藤
竹島は、歴史的にも国際法上も日本固有の領土であり、このことをあらゆる手段を講じて強く国際世論に訴えていきます。
ただ、日韓関係は非常に大切です。
個別の問題で両国間に隔たりがあったとしても、未来志向で粘り強く冷静な外交努力を行い、国際法にのっとって、平和的解決を目指します。

―――北方領土について

佐藤
1993年、当時の細川護煕首相とエリツィン大統領が会談し、両国間の関係を完全に正常化するために、北方四島の帰属に関する問題を歴史的・法的事実に基づいて解決し、平和条約を早期に締結するための交渉継続を約束しました。
(東京提言)ここ数年の日露交渉は停滞していましたが、4月の首脳会談で、交渉の再開が合意されました。これまでの方針を維持し、合意に向けて交渉を加速化します。

7月2日

Facebook

佐藤しげきムービー|YouTube

メールマガジンの購読はこちら

友樹会のご案内はこちら

佐藤の、実行力。ひとりの声を、カタチにする政治

大阪3区
大正区
住之江区
住吉区
西成区
大阪3区地図

ページトップへ戻る