ブログBlog

日記

2012.04.14
北朝鮮のミサイル発射による蛮行
  • [画像]記事画像

北朝鮮は、国際社会からの再三にわたる自制要求を無視して13日、「人工衛星」と称する長距離弾道ミサイルの発射を強行し、失敗。

この蛮行は、決して許されるものではなく、弾道ミサイル技術を使った、いかなる発射も禁じた「国連安保理決議」に違反することは明白です。

わが党は、直ちに「地域の平和と安定を脅かす行動であり、極めて遺憾である」との党声明を発表し、日本政府も国連安保理でこの問題を協議するよう要請しました。

ミサイルは発射後すぐ爆発し、朝鮮半島西方の黄海に落下したが、幸い死傷者等の被害はなかった。

ミサイル発射は、金正恩(キムジョンウン)氏が朝鮮労働党の最高責任者である「第一書記」に就任したことによる権威付けのためだとされています。今後、新安保理決議が採択された場合、「報復」として核実験の動きを見せています。

こうした北朝鮮の「挑発外交」をいつまでも繰り返させてはならない。ミサイルや核実験を繰り返し、より高度な技術開発と軍事力を持てば、日本の安全保障の脅威が増すことになるからです。

我が国は、唯一の被爆国として、もっと積極的に平和外交に力を傾注すべきであり、特に、日・米・韓の連携強化と中国・ロシアとの関係外交はますます重要になってきます。

今回、日本政府は、ミサイル発射情報の分析に時間がかかり、米韓よりも発表が遅れたことも、一分一秒を争う有事では重大な被害を招きかねないだけに、政府の危機管理体制のさらなる検証と改善が急務といえます。

衆議院議員 佐藤しげき

佐藤しげきムービー|YouTube

メールマガジンの購読はこちら

友樹会のご案内はこちら

佐藤の、実行力。ひとりの声を、カタチにする政治

大阪3区
大正区
住之江区
住吉区
西成区
大阪3区地図

ページトップへ戻る