活動報告Report

2014.10.14
安保法制の整備と整合性を保て
  • [画像]記事画像

 今国会最初の質問に立った私は、14日の衆院安全保障委員会で、日米防衛協力の指針(ガイドライン)改定に向けた中間報告を受け、国内の安全保障法制整備との整合性を保つ必要性を強調。
その上で最終報告に向け、「(武力行使の)新3要件も含めた7月1日の閣議決定を踏まえた内容で検討すべきで、米側に理解させた上で詳細な検討作業を進めるべき」と主張。
江渡聡徳防衛相はガイドラインと安保法制の整合性について、「積極的に米側に説明している」と答弁。
10月14日

佐藤しげきムービー|YouTube

メールマガジンの購読はこちら

友樹会のご案内はこちら

佐藤の、実行力。ひとりの声を、カタチにする政治

大阪3区
大正区
住之江区
住吉区
西成区
大阪3区地図

ページトップへ戻る