活動報告Report

2013.12.20
造血管細胞移植推進PTが要望
  • [画像]記事画像

 私は、公明党の造血管細胞移植推進プロジェクトチーム(PT、山本香苗座長=参院議員)と20日、厚生労働副大臣室で会い、造血管細胞移植推進法の円滑・着実な施行に向け提言をいただきました。

さい帯血国際患者支援の会の有田美智世理事長、血液情報広場・つばさの橋本明子理事長も同席。
同法は公明党が主導して2012年9月に成立し、来年1月1日に施行。骨髄や末梢血管細胞の提供・あっせんなどの他、さい帯血を研究目的で利用できる規定も盛り込み、再生医療を後押しする法律としても注目されています。
山本座長は「患者の声を代弁し、円滑な施行に向けて提言する」として、

①移植推進のための拠点病院の増設
②若年層へのドナー登録の積極的な呼びかけ
③移植を受けた患者の生活の質向上――などを要望。

これに対し、私は「省内の関係部局にも前向きに取り組むよう徹底する」と答弁。

12月20日

佐藤しげきムービー|YouTube

メールマガジンの購読はこちら

友樹会のご案内はこちら

佐藤の、実行力。ひとりの声を、カタチにする政治

大阪3区
大正区
住之江区
住吉区
西成区
大阪3区地図

ページトップへ戻る