活動報告Report

2013.12.18
脳脊髄液減少症患者会がEBP療法の保険適用を要望
  • [画像]記事画像

  私は18日、厚労省副大臣室で脳脊髄液減少症患者支援の会の川野小夜子事務局長らと会い、同症の治療法であるブラッドパッチ療法(EBP=硬膜外自家血注入法)の保険適用などを求める要望を受けました。
  公明党同症対策ワーキングチームの古屋範子事務局長らが同席。
川野事務局長はブラッドパッチ療法が昨年6月、入院費が保険適用となる「先進医療」に承認されたことに言及。
  患者会の調査で、同療法が234件のうち200件で効果が見られたと強調し、来年4月からの保険適用と、同症の研究に際して18歳未満の症例を加えることなどを要望。
  多くの署名とともに患者さんのつらい実体験を聞き、重く受け止めて対応していかなければいけないと痛感しました。

12月18日

佐藤しげきムービー|YouTube

メールマガジンの購読はこちら

友樹会のご案内はこちら

佐藤の、実行力。ひとりの声を、カタチにする政治

大阪3区
大正区
住之江区
住吉区
西成区
大阪3区地図

ページトップへ戻る