活動報告Report

2012.09.20
【隠ぺい体質で深刻化 ◇ いじめ問題 被害者の会が対策要望 ◇---党いじめ問題等検討プロジェクトチーム】
  • [画像]記事画像

 党「いじめ問題等検討プロジェクトチームは20日、衆院第2議員会館でNPO法人「全国いじめ被害者の会」(大澤秀明代表)からいじめ対策について要望を受けました。

 大澤代表は、いじめを“なかったこと”にしようとする学校の隠蔽体質が、いじめを深刻化させていると指摘。

 また、私立学校でいじめが起きた際に相談する窓口がないことや、教員と子どもの信頼関係が希薄になっている点にも言及。こうした問題の解決に各学校が取り組むべきとの通達を文部科学省が出すよう「いじめ対策や教育に熱心な公明党にお願いしたい」と要望。

 いじめ問題は、一時的な対策で終わらないように知恵を出して学校、保護者、地域ぐるみで取り組んでいく必要があります。

佐藤しげきムービー|YouTube

メールマガジンの購読はこちら

友樹会のご案内はこちら

佐藤の、実行力。ひとりの声を、カタチにする政治

大阪3区
大正区
住之江区
住吉区
西成区
大阪3区地図

ページトップへ戻る