活動報告Report

2010.05.26
参院選からネット解禁へ ◇ 公選法を改正 HP、ブログ更新可能に ◇ 与野党が合意---国会内
  • [画像]記事画像

インターネットを使った選挙運動の解禁を検討していた与野党協議会は26日、国会内で会合を開き、選挙期間中のホームページ(HP)とブログの更新を認めることを柱とする公職選挙法改正で最終的に合意した。公明党からは私が出席。
与野党は近く議員立法で公選法改正案を国会に提出。周知期間が必要なため6月上旬にも同改正案の成立を図り、夏の参院選からの適用をめざします。
公選法改正案は、候補者本人と政党・政治団体に限ってネット上のHPとブログを利用した選挙運動を解禁する内容。衆院選の比例単独候補のHP更新も「政党の選挙活動の一環」とみなすことで可能となります。
また、与野党は、HPの更新を認めることなどに伴い、どんな書き込みが違反行為に当たるかなどを示す具体的なガイドライン(指針)を策定することでも一致。
協議会後、私は、「各党で合意を見てネット選挙解禁への一歩を踏み出した意義は大きい。法案成立に向け全力を挙げたい」と発言。
協議会での合意を受け与野党は同日、実務者による協議を開始。ガイドライン策定に向けた論点整理を行い、ツイッター(簡易ブログ)の扱いなどの問題点について議論。

佐藤しげきムービー|YouTube

メールマガジンの購読はこちら

友樹会のご案内はこちら

佐藤の、実行力。ひとりの声を、カタチにする政治

大阪3区
大正区
住之江区
住吉区
西成区
大阪3区地図

ページトップへ戻る