活動報告Report

2010.05.14
国民への背信行為 ◇ 普天間移設問題で追及 ◇ ---衆院安全保障委員会で質問
  • [画像]記事画像

 14日の衆院安全保障委員会で私は、米軍普天間飛行場の移設問題で、鳩山由紀夫首相が「5月末決着」を事実上断念する考えを表明したことについて、国民に対する背信行為と厳しく批判。
この中で、鳩山首相の発言に基づく「5月末決着」の定義をただしたのに対し、岡田克也外務相は「地元、米国の理解を求め決定すること」とし、「5月末に決着させる考え方は変えていない」と強弁。一方、北沢俊美防衛相は、「(日米)両政府で合意に達したというレベルの話ではない」との認識を示し、6月以降も協議を継続させる考えを示しました。
これに対し、5月末までに問題が解決しなければ「首相は政治責任を取るべきだ。」と主張。

佐藤しげきムービー|YouTube

メールマガジンの購読はこちら

友樹会のご案内はこちら

佐藤の、実行力。ひとりの声を、カタチにする政治

大阪3区
大正区
住之江区
住吉区
西成区
大阪3区地図

ページトップへ戻る