活動報告Report

2010.05.12
HP、ブログ解禁で合意 ◇ ネット選挙 法改正へ与野党協議会 ◇---国会内
  • [画像]記事画像

 選挙運動でのインターネット利用に関する与野党協議会が12日午前、国会内で開かれ、現在禁止されている選挙期間中のホームページ(HP)とブログの更新を夏の参院選から解禁することで大筋合意。今国会中に全会一致での公職選挙法改正をめざす。
協議会では、更新を実施するのは候補者本人と政党に限る方向でも一致。電子メールやツイッター(簡易ブログ)については、他人による成り済ましや中傷が懸念されているため見解が分かれ、19日に改めて議論することになった。
このほか、国政選挙だけでなく、知事選など地方選挙でもインターネット利用を解禁すべきとの意見も出た。
席上、公明党を代表して出席した私は、夏の参院選までの周知期間を考慮し、「全面解禁でなく段階的解禁にすべき」と主張。中長期的には欧米並みの自由な選挙運動が行えるよう、ネット解禁だけでなく戸別訪問なども認めるべきだと訴えました。

佐藤しげきムービー|YouTube

メールマガジンの購読はこちら

友樹会のご案内はこちら

佐藤の、実行力。ひとりの声を、カタチにする政治

大阪3区
大正区
住之江区
住吉区
西成区
大阪3区地図

ページトップへ戻る