活動報告Report

2010.03.26
中小企業 連鎖倒産を防止 ◇安全網強化へ改正案可決◇---衆院経済産業委員会
  • [画像]記事画像

私は26日、衆院経済産業委員会で中小企業の連鎖倒産防止へ安全網を強化した中小企業倒産防止共済法改正案について質疑を行い、政府の見解をだたしました。
同共済は取引先が倒産した場合、掛け金総額の10倍(3200万円)を上限に無担保、無保証、無利子で融資が受けられる制度。
経済の低迷に伴い、中小企業が連鎖倒産する危険性が高まっている状況を踏まえ、改正案は①貸付限度額を3200万円から8000万円へ引き上げ②償還期間の上限を5年から10年に延長③共済の貸し付け理由に弁護士や司法書士が関与する私的整理を追加---などがポイントになっています。
質疑で私は、私的整理が共済対象に加わることで事務負担が増え、貸し付けまでの審査期間が長引くことに懸念を表明。迅速に貸し付けが行われるようにすることの重要性を訴えました。
松下忠洋経産副大臣は手続きの円滑な処理に全力を挙げることを約束。
また、中小企業の新たな資金繰り策として、東京都の実例を紹介しながら、機械などの動産を担保にした「つなぎ資金」の融資を保証する制度の創設を提案。
法案は質疑終了後、採決が行われ、全会一致で可決。

佐藤しげきムービー|YouTube

メールマガジンの購読はこちら

友樹会のご案内はこちら

佐藤の、実行力。ひとりの声を、カタチにする政治

大阪3区
大正区
住之江区
住吉区
西成区
大阪3区地図

ページトップへ戻る