活動報告Report

2009.12.17
「普天間」先送り説明を ◇ 野党、安保委の閉会中審査要求 ◇ ――衆議院安全保障委員会
  • [画像]記事画像

公明、自民など野党各党は17日、衆院第1議員会館で衆院安全保障委員会の安住淳委員長に対し、政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設の先送りを決定したことに関して、閉会中審査を実施するよう強く申し入れました。
公明党からは私が同委理事として出席。
普天間飛行場の移設先送りについて、飛行場の危険性が放置されたままであり、さらに、移設先未決定のまま来年度予算案に移設関連の経費を計上する方針に疑問があることから、関係閣僚による説明の必要性を強調。これに対し安住委員長は、検討する考えを示しました。
この移設問題の先送りは、沖縄県民の不信不安だけでなく、日米同盟の信頼関係、さらには、わが国の国際評価、信用にも大きく影響することを政府・与党は深く認識すべきです。

佐藤しげきムービー|YouTube

メールマガジンの購読はこちら

友樹会のご案内はこちら

佐藤の、実行力。ひとりの声を、カタチにする政治

大阪3区
大正区
住之江区
住吉区
西成区
大阪3区地図

ページトップへ戻る